ジュースクレンズはスムージーで代用可能?

 

ジュースクレンズはスムージーで代用可能?

ジュースクレンズとはジュースの種類のことではなく、ジュースでデトックスするという健康法や美容法の一つです。
ですから、用いるジュースは、いくつかの条件を満たせば何を選んでもいいのです。
例えば、少し前からブームが続いているスムージーを使ってもOKです。
ここでは、ジュースクレンズの条件を満たすスムージーについてお話しましょう。

 

■ジュースの条件
ジュースクレンズに用いるジュースは、水分も熱も一切加えていないことが条件です。
これが実は肝心なことで、どんなジュースでもいいわけではないポイントです。
ジュースクレンズ中はジュースしか飲まないため、栄養成分をなるべく壊さないままにジュースにしたいもの。
そのためには、加熱をしないことが一番いいのです。
市販のフルーツジュースや野菜ジュースは、過熱処理をしていないものがほとんどありません。
ジュースクレンズには向かないものが多く、自宅にミキサーを用意して野菜や果物をジュースにするか、糖分を加えていないフレッシュジュースのお店を探すかしかないということになってくるわけです。

 

■非加熱のスムージー
毎日こまめにミキサーを回す余裕があっても、ジュースに使う素材はできれば無農薬がいいとなると、素材を用意するにも通常よりお金がかかるかもしれません。
それ以上に高くつくのは、こだわりのフレッシュジュースを扱っている専門店でジュースを買うことです。
そこで、なるべく節約してジュースクレンズをしたいと思ったら、粉末のスムージーを利用するのもいいでしょう。
スムージーの中には、非加熱処理をして栄養成分をとどめている製品もあります。
費用のそれほどかからないため、検討してみるといいでしょう。

時間帯によって変化させたいジュースの種類

ジュースクレンズの方法には、約2時間置きにジュースを飲むというルールがあります。
空腹になると血糖値が低下してくるため、そのタイミングで糖分をとってしまうと急激な血糖上昇となる恐れがあります。
そこで、空腹になる前に、2時間程の間隔でジュースをちょこちょこと飲むようにするのです。
ただし、常に胃に何か入れっぱなしというのもよくありません。
一度ジュースを飲んだら30分は間隔を空けるように、上手いペースを見つけてください。
飲むジュースは、時間帯によって変化させると、さらにクレンズの効果がアップします。
ここでは、時kんたいによって向くジュースの種類を紹介しましょう。

 

■午前中のジュース
午前中は、排泄に向いた時間として、体内を浄化するような素材を使ったジュースがいいでしょう。
正にデトックスに最適なジュースがおすすめで、食物繊維がたっぷり含まれているなどの素材を選ぶと効果的です。

 

■正午から夕方までのジュース
青菜など、緑黄色野菜を中心に使ったエネルギーチャージができるジュースがおすすめです。
昼間は、お休みしているときでも比較的活動的になる時間帯です。
そのため、なるべく活力源となる栄養成分が含まれた野菜や果物で作ったジュースが好ましいのです。

 

■夕方から夜20時までのジュース
ジュースクレンズの一日の締めくくりは、夜18時から20時くらいまでが適当です。
しっかり睡眠をとることも内臓の疲れをとることにつながるため、ジュースクレンズ中は早めに就寝するようにしましょう。
寝る4時間くらい前には胃を空にしておきたいため、最後のジュースを飲む時間も逆算して決めてください。
この時間帯に飲むジュースは、休息にふさわしい素材を使ったものが最適です。
こちらにジュースクレンズの詳しい情報があります⇒http://xn--web-zj4btbgi55a9btdxe.xyz/